無呼吸症候群に気をつけよう|病院で検査してみよう

女の先生

病院の活用方法とは

病院

城東区内で内科の診療を受ける人が選んでいるのが、救急診療と入院にも対応している地域密着型の病院です。今後は訪問診療へのニーズも強まり、効率的な治療を行うためには、薬の処方などの情報共有も進んでいきます。

Read More

症状に注意する

腹痛

直腸がんには目立つ初期症状があるので、注意しましょう。下血が続くときは、病院に行って検査を受けることが必要です。他の初期症状には貧血があります。病気が進むと便が細くなったり、便秘と下痢を繰り返すようになります。

Read More

樹状細胞とがん細胞の関係

先生

私たちの体は、自己免疫により体内に侵入してくる悪いものを撃退してくれます。しかし、がんに侵されると免疫細胞まで悪性となり、免疫機能の働きが悪くなります。その免疫の働きを助けるがん治療方法に、樹状細胞療法があります。

Read More

いびきには注意が必要

いびきの特徴

男性

知らないうちに、いびきをかいている人も多いでしょう。お酒を飲んだ日や、疲れが溜まっている時に、いびきをかいてしまう人が多いのです。しかし、いびきにも気をつけなければいけない種類があります。それが、無呼吸症候群です。無呼吸症候群の特徴は、いびきの途中で呼吸が止まってしまいます。寝ているため、本人は呼吸が止まっている事には気がついていないのです。呼吸が止まると、脳に酸素が届かなくなるため、脳や心臓に負担をかけてしまいます。症状がひどくなると、循環器系の病気になる恐れがあるため、早めの治療が必要なのです。無呼吸症候群は耳鼻咽喉科や循環器科、呼吸器科のある病院で治療を受けることができます。また、一般的な内科でも問題ありません。もし自宅の近くに睡眠外来があるならば、そこで治療を受けるのもいいでしょう。家族などに注意されたら、早めに治療する必要があるのです。

検査のテクニックとは

無呼吸症候群は、自分では気がつきにくい症状です。しかし、しっかり寝ているのにだるさを感じたり、起きると頭痛がする場合は疑ってもいいでしょう。また、常に眠い方や周囲からいびきがうるさいと言われた事がある方は、無呼吸症候群を疑ったほうが良いでしょう。無呼吸症候群は、身体に大きな負担を与えてしまいます。そのように聞くと、不安になってしまいますが、治療する事によって改善する事ができるのです。忙しいため、なかなか検査にいけないという方は、自宅でできる簡易検査がおすすめです。簡単に検査する事ができるため、不安な方は利用してみましょう。