無呼吸症候群に気をつけよう|病院で検査してみよう

医者

樹状細胞とがん細胞の関係

がん細胞を見分ける細胞

先生

私たちの身体に備わっている免疫システムは、外から侵入して来るウイルスや細菌等を比較的簡単に見分けることができます。ですから、外敵であるウイルスや細菌だけを特異的に攻撃することができるのです。その一方で、がん細胞を見分けることは難しいとされています。なぜならば、がん細胞とは自らの細胞ががん化したものだからです。要するに、免疫システムでは敵が非自己のものであれば、比較的楽に見分けることができますが、敵が自己のものだと見分けることがなかなかできないのです。しかし実際には、体内において生まれてきたがん細胞を、見分けることができる免疫細胞が存在するのです。その免疫細胞は、樹状細胞と呼ばれるもので、細胞質が枝分かれしていることからこう名付けられました。

がん治療への応用

がん細胞を見つけ出した樹状細胞は、がん細胞を細胞質内に取り込んで、得られたがん細胞の情報をTリンパ球に伝達します。すると、複数の免疫細胞が協力してがん細胞を攻撃し始めるのです。そして、この樹状細胞の働きに目を付け、がん治療に応用したのが樹状細胞療法と呼ばれる免疫細胞療法です。樹状細胞療法のメリットは、通常のがん治療で見られる副作用がないところにあります。また、がんが転移したり、手に負えないような状態になってしまったがんでも治療できる可能性が残されているところにあります。樹状細胞療法には健康保険が適用されませんが、治療を受けてみる価値は十分にあるはずです。ですから、樹状細胞療法を手掛けていて評判の高い病院をインターネットで調べてみましょう。